料理をするときには鍋やフライパンを使って加熱調理を行います。

自転車に乗る生活に注目する事も大切です

料理の時に付いた焦げを取る生活の方法

自転車に乗る生活に注目する事も大切です 料理をするときには鍋やフライパンを使って加熱調理を行います。この時には鍋などに食材がひっついてしまうことがあります。油などを敷いてひっつくのを防ごうとしますがなかなかうまくいきません。取れないままにしていると料理ができた頃にはその部分は黒くなっていてかなり固い状態になっています。そうなるとかなり取るのが困難になります。

最近はフライパンなどでは焦げ付きを防止する加工がされています。ですから少し食材がひっついた状態でも軽く刺激を与えると簡単に取れてしまいます。でも鍋となると焦げ付き防止の加工がされていないものもあります。フライパンでも鉄でできているタイプは焦げ付くことがあります。調理の中ではどちらも必須ですから焦げを防止する方法があると楽です。

生活の中で焦げ付きを取ることができる方法があります。鉄のフライパンの場合は空焚きをした後急激に冷やします。すると鉄が膨張と収縮を瞬間的に行うことになり表面の焦げが取れます。鉄のタイプではできますがテフロン加工のフライパンではできません。鍋などでは文房具の砂ケシゴムを使います。砂の部分で焦げを取りますがゴム成分があるのでそれほど傷つけることがありません。金属たわしよりも優しく使えます。

Copyright (C)2019自転車に乗る生活に注目する事も大切です.All rights reserved.